SponsoredLink

韓国料理人気のトッポギ

韓流ブームの火付け役といえば、冬のソナタ。
その主人公がトッポギが大好物だったということで、最近では日本でも韓国料理の一つとして知られるようになりました。


トッポギは棒状の餅を、コチュジャンを使って甘辛く野菜などと一緒に炒めた料理のことをいいます。
韓国では屋台メニューとして主流のようですが、あの真っ赤なソースの中に棒状の餅が浮かんでいるようなものから、普通の野菜炒めのような感じに見えるものまで、いろいろ見ているとあるんです。
棒状の餅の事をトッポギといい、薄くスライスしたものをトックというそうですが、実はどちらも料理の名前だったものが、材料の名前にもなってしまったということで、人気の高さが伺えますね。


日本でもトッポギ(棒状餅)を手にいれるのは結構簡単になりました。
ただ、あの独特のソースがなかなか難しく、トッポギのソースだけを販売していたりもします。
自分で作るのはやっぱり至難の業なんでしょうか?
ソースも辛いものから甘いものまでいろいろありますし、好みもあるのでチャレンジしてみるのもおもしろいかも?
コチュジャンが主な味付けのようですが、チーズなどを絡めてもおいしそう。


ちなみに宮廷トッポギというのもあるみたいで、そっちは醤油ベースの辛くないもののようです。
唐辛子がない時代の宮廷料理にもあるくらいですから、韓国で屋台メニューとしてあたりまえになるのも納得です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5349979
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック